ブラックカラントの抗酸化作用                          

アントシアニンだけでなく、ブラックカラントにはフラボノイドやポリフェノールなど、抗酸化作用の高い成分がたくさん含まれています。以下にご紹介する最近実施されたテストによって、他の24種のフルーツと比較して、NZ産ブラックカラントは一番、抗酸化作用が高い事を示しています。この非常に高いレベルの抗酸化作用右によって、NZ産ブラックカラントは健康に良い優れた果実として評価されているのです。

抗酸化物質は、身体の代謝プロセスによって生成されたり、あるいは環境汚染などの多くの原因によって身体に入り込む「フリーラジカル(遊離基)」の影響から、身体を保護すると考えられています。フリーラジカルは、組織を損傷する原因となります。身体は、フリーラジカルの影響から自然保護する作用を持っていますが、抗酸化物質の摂取によって、その自然保護システムを促進する事が可能です。

抗酸化物質のテスト

1. ORAC(抗酸化物質測定法)によるニュージーランド産ブラックカラント果実のレベル

フルーツや野菜に含まれる抗酸化物質の測定方法の一つであるORAC (The oxygen radical absorbance capacity )は、細胞膜にダメージを与える活性酸素(ROS)の最も有名なもののひとつである、ペロキシルラジカルに対する抗酸化力を検査分析する測定方法で、最も正確な信頼できるテスト方法です。日本語では活性酸素吸収能力と呼ばれています。親水性と親油性の抗酸化能力を分別定量でき、食品やサプリメントの抗酸化能力を科学的に分析する基準として世界的に用いられ、アメリカではORAC値を表記した食品がたくさん販売されています。

NZブラックカラント組合は、ORACテストで著名な実績あるアメリカのBrunswick研究所に、ニュージーランド産ブラックカラントを送り、調査を依頼しました。その結果、ブラックカラントは、同じ方法で測定した他の24種の果実の中でも最も高いORAC数値を示しました。以下のグラフをご覧下さい。 *ORAC hydro=親水性抗酸化能力

Figure 1. ORAChydro levels in New Zealand blackcurrants compared with other fruits
(unit: µmol TE/g)

1 Source: Xianli Wu et al. 2004. Lipophilic and hydrophilic antioxidant capacities of common foods in the United States. Journal Agricultural and Food Chemistry 52: 4026-4037

Note: When comparing ORAC data, care must be taken to ensure that the units and food being compared are similar. Some evaluations will compare ORAC units per grams dry weight, others will evaluate ORAC units wet weight and still others will look at ORAC units/serving. Under each evaluation, different foods can appear to have higher ORAC values.


2. ニュージーランド産ブラックカラント濃縮果汁の親水性抗酸化能力

NZブラックカラント組合の濃縮果汁もBrunswick研究所でORAC値を分析依頼しました。その結果は 416,476と477,479 µmol TE per litre (サンプル2本分)という驚くべき数値でした。さらに、アメリカ国内で販売されている果汁をベースにした栄養ドリンクとブラックカラント濃縮果汁を比較しました。無添加の自然なNZ産ブラックカラント100%濃縮果汁は、一般的なレベルである100,000 – 200,000 µmol TE per litreの数値を示すアメリカの主要な栄養ドリンクよりも高いORAC値を示しています。

以下のグラフをご覧下さい。これは各製品を製品に貼られているラベル表示の基準によって薄め、コップ1杯分(250ml)のORAC値を示したグラフです。マンゴスチンとゴジ(Goji)を原料とした栄養ドリンクの次にNZ産ブラックカラント濃縮果汁は高い値を示しています。従来、NZ産ブラックカラント濃縮果汁は、抗酸化能力の高い果汁として製造販売されてきてはいないにも関わらず、優秀な結果を証明しました。

Figure 2. ORAC levels per typical serving of some common US
and international antioxidant fruit based drinks and syrups1
(unit: µmol TE)


1 To allow comparison, each product was diluted to its correct concentration, (according to each product’s own label dilution instructions) to give ORAC levels per serving.